前撮り費用交渉時に行う値下げのヒント

結婚式前に撮影しておく

結婚式当日は、何かと忙しく新郎新婦は動き回ることになりますので、前日までにできることは行っておいた方が良いでしょう。具体的には結婚式の新郎新婦の写真撮影に関しては、前撮り撮影を行うことで、撮影日は撮影だけに集中することができますので、おすすめです。
また、前撮り撮影することで、安い料金で撮影してもらうことができます。もともと、前撮り撮影の場合、リーズナブルな料金設定になっていますが、さらに上手に交渉を重ねることで値下げが可能です。
値下げのポイントは、実際に契約を交わした後では交渉しても値段を下げることはできませんので、契約前に行います。内容は、他店に依頼をしようか迷っている最中であることを伝えます。

お店同士で競争意識を高めてもらう

競争相手がいないと、結婚式の前撮りで相談に行ったお店では、値段をなかなか下げてもらうことができません。他のお店にも相談させてもらっていて、あとは値段次第で利用するお店を決めることをお店側に伝えましょう。
複数のお店に相談することが重要でして、全てのお店に同じセリフを伝えます。こうすることで、他店にお客さんが逃げてしまうことを防ぐため、値下げに応じてくれるお店が出てきます。
このような交渉術を上手に使っていけば、もともとリーズナブルな料金設定になっている前撮り撮影のお店では、仕方ないという感じで値下げをしてくれることもありますから、チャレンジしましょう。
もちろん、それでも値下げに踏み切らないお店もありますから、そのようなお店は諦めます。