スタジオで前撮りする意味

撮影に専念するという目的

結婚式や成人式などの際は記念として写真撮影を行うことが多くなってます。一生の記念となる大切な写真だからこそできるだけ良い表情のものを残しておきたいですが、当日となると何かと慌ただしく、落ち着いて撮ることは難しくなってしまいます。
それゆえ、表情が硬くなってしまった、落ち着いて撮影ができなかったという人も少なくありません。そして、こうした特別な写真は後で撮り直すということも難しいものがあります。
そこで、撮影に専念できるよう、結婚式やイベントの少し前に撮影を済ませておく前撮りを選ぶ人も増えてきました。
その日は一日撮影に専念できるので、よりリラックスして撮影にのぞむことができます。撮影枚数も多くなりますので、良い写真が残せる可能性も高まります。

当日とは違う衣装を着用できるだけ

前撮りをしたいという理由には、当日とは違う衣装を期待ということもあげられます。結婚式ではお色直しもありますが、そう何回も着替えができるわけではありません。
ウエディングドレスも様々なデザインがありますが、当日に着用できるのは一着です。その点、前撮りなら当日とは違うタイプのドレスを着用することもできます。
さらに、当日は和装は着ないという場合も和装を選ぶことができますし、より数多くの衣装を着用したいという場合にも前撮りは向いています。
撮影にはスタジオ内と屋外で行うロケーション撮影がありますがスタジオ内であれば天候に左右される心配がありません。
そして、前撮りの写真は結婚式当日のオープニングムービーやウェルカムボードなどにも活用することができます。